Share (facebook)                        
     
     
                                   
2017年3月5日
     

『地球最古の先駆け文明【イワクラ学初級編】』
(ともはつよし社刊) 出版記念イベント

   
      出演者:イワクラ学会  平津豊、 篠澤邦彦、柳原輝明    
           
『地球最古の先駆け文明【イワクラ学初級編】』出版記念イベントにぜひお集まりください
 イワクラ学会の有志の方々が総力を結集して、みなさまに素晴らしい時間を提供いたします。
 日本全国のイワクラをスライドで多数紹介します。これを見たら日本文明のイメージが一変します。
 出演者は平津豊(イワクラ学会理事)を始め、篠澤邦彦(イワクラ学会理事)、柳原輝明(イワクラ学会副会長)などを予定。
 太陽観測装置としての白石の鼻巨石群やナスカの地上絵のような山添村・神野山の天球イワクラ群についてなど、目からウロコの話題でお話頂くことになっています。


日時:2017年3月5日(日)
開場12:30 開演: 13:00 終了 18:00
料金:5,000円
会場:ヒカルランドパーク(東京・飯田橋)
新宿区津久戸町3-11 飯田橋TH1ビル7F

問い合わせ先 info◎hikarulandpark.jp
  (◎を@に変えて送信してください。)

                                   
      ご参加されるにはヒカルランドパークからチケットをご購入ください          
      ヒカルランドパークはこちら                       
      ご面倒なら当日の支払いも可能です。      
                     
                     
                   
                   
                   
                                   
     
     
                                   
      イワクラは、日本にあった超古代文明の痕跡か!?      
                                   
       ■講演1 13時〜14時30分                    
      講演者:平津豊                        
        演題: 「イワクラとは何か」  「神戸六甲のイワクラにまつわる謎」       
           出版本「イワクラ学初級編」の中からイワクラとは何かについて講演していただきます。
また、平津豊氏が発見された(2013年)兵庫県六甲山のイワクラが形成するレイラインを中心に、荒深道斉が探索した八咫鏡のイワクラ、天叢雲剣のイワクラに対し新しく出現した勾玉のイワクラ。最近注目され始めた瀬織津姫のイワクラ、甲山の神呪寺と目神山のイワクラ。保久良神社のイワクラとカタカムナ。越木岩神社のイワクラ保存活動など、六甲山のイワクラにまつわる伝承や歴史を紹介していただきます。         
     
             
             
             
             
             
             
        プロフィール:                      
         1960年生まれ、化学会社で研究職に従事(特許数30)。30年前、六甲山中の剣岩に出会い、巨石の虜になった。1987年より、ホームページ「ミステリースポット」を主催。
イワクラ(磐座)学会理事、兵庫歴史研究会会員、日本ペトログラフ協会会員、日本金属学会会員、日本セラミック協会会員。
     
             
             
             
             
             
     
     
                                   
                                   
      ■講演2 14時30分〜15時30分                    
        講演者:篠澤邦彦                        
        演題: 「松山・白石の鼻巨石群〜太陽観測装置である」      
          篠澤邦彦氏が発見された(2008年)愛媛県松山市にある白石の鼻巨石群には、春分、秋分、夏至、冬至という二至二分の季節の区切りを、太陽軌道と巨石の配置や形状で表現しています。海上や海岸にある巨石の石組はとても巨大です。これは、古代人が太陽を観察するために製作した精巧な石組みであり、驚愕な技術です。それらの最新の研究状況を説明していただきます。      
             
             
             
             
        プロフィール:                      
         1964年生まれ、2008年に白石の鼻が太陽観測装置であることを発見。松山・白石の鼻巨石群調査委員会を創設し、定期的に観測会や研究発表会を実施。
著書「伊予のストーンヘンジ〜松山・白石の鼻巨石群研究レポート」
イワクラ(磐座)学会理事、松山・白石の鼻巨石群調査委員会主任研究員。
     
             
             
             
             
             
     
     
                                   
                                   
      ■講演3 15時30分〜16時30分                    
        柳原輝明                      
        演題:  「星空を地上に写した古代人―奈良県神野山天球図―」         
          柳原輝明氏が発見された奈良県神野山の天球写しについて講演していただきます。これは、星の配置を地上にイワクラを置くことで表現したもので、神野山全体を天球に見立て、星の世界を地上に展開しています。全体の配置を確認するためには、上空から見る必要があり、まるでナスカの地上絵のようです。この天球写しのイワクラは次々と発見されており、それらの最新の研究状況も説明していただきます。      
             
             
             
             
        プロフィール:                      
         1942年生まれ、20年前に奈良県神野山のイワクラ群に出会い、それらが正確に星空を写していることを発見し超古代文明の存在を確信するようになった。
イワクラが古代の民族遺産であることの重要さを後世に伝えるため、2004年にイワクラ(磐座)学会を創設。
イワクラ(磐座)学会副会長。
     
             
             
             
             
             
     
     
                                   
                             
                             
                             
                             
                 
書籍「イワクラ学」初級編の購入はこちら
                             
                             
                             
                             

平津豊氏のミステリースポットはこちら