豊受大神宮 (伊勢外宮)

トヨウケダイジングウ
  Photograph 2012.12.22   平津 豊 Hiratsu Yutaka

   
三重県伊勢市豊川町
御祭神
      豊受大御神(トヨウケノオオミカミ)
勅祭社 神宮 式内社




豊受大神宮(外宮)の正宮
(Photograph 2012.12.22)

探索レポート アマテラス鎮座前の伊勢


御由緒
豊受大神宮には豊受大御神をおまつり申し上げます。第二十一代の雄略天皇の二十二年(西暦五世紀)に天照大御神のご神慮によって丹波の国(今の京都府北部)から、この度会の山田原におむかえしたと言い伝えられています。
豊受大御神は天照大御神のおめしあがりになる大御饌(食物)の守護神であり私たちの生活をささえる一切の産業をおまもりくださる神様です。
−神社パンフレットより−




豊受大神宮(外宮) 一の鳥居
(Photograph 2012.12.22)




豊受大神宮(外宮) 別宮 多賀宮
(Photograph 2012.12.22)
御祭神は、豊受大御神荒御魂(トヨウケオオミカミノアラミタマ)




豊受大神宮(外宮) 別宮 風宮
(Photograph 2012.12.22)
御祭神は、級長津彦命(シナツヒコノミコト)と級長戸辺命(シナトベノミコト)。
昔は小さな祠であったが、1281年の元寇の神威の発現により別宮に列せられた風と農業の神




豊受大神宮(外宮) 別宮 土宮
(Photograph 2012.12.22)
御祭神は、大土乃御祖神(オオツチノミオヤノカミ)で山田の原の守護神。
昔は末社であったが、宮川堤防の守護神として1128年に別宮に列せられた。
なぜか、この社だけ東向きに建っている


探索レポート アマテラス鎮座前の伊勢


(Stamp 2012.12.22)